観魅処投稿記事

かんみどころ~観魅処~観光の魅力発見・観光コンサルタントの魅力満喫~観光ガイド

九段会館を振り返る、スーパーJチャンネル出演
2017年9月11日 東日本大震災から6年半。 テレビ朝日のスーパーJチャンネルでは、東日本大震災の被害を受け地、またはその関係地を取材してきており、その東京の回に九段会館での出来事を取り上げていただきました。 実際に、竹内由恵アナウンサーと九段会館を訪れ、当時の事、そして6年半経った今の心境をお話しさせていただきました。 事故が起き 同僚が亡くなり 告訴を試みるも、断念 人が亡くなった人災であるにも関わらず、法には触れないという現実にぶつかり 「東日本大震災」の一つの出来事としてかたずけられる 内装に関する法律が改めて検討されるという、日本にとっての前進のきっかけに活かされたことは良かったのですが、地震大国においてのずさんな耐震基準が露呈したとも言えるのです。 東京でも建物が崩れ、人が亡くなった。 それは震度5での話。 震度7級に備えるとしている中、私たちを不安のどん底に突き落とす出来事だったのではないでしょうか? また今回のインタビューの中には、今後の九段会館の事も取材していただきました。 残すのか、残さないのか。 歴史的な価値や、過去の出来事に関する貴重な場所であることは、私は十分承知しています。 観光コンサルタントという仕事をしている事もあって、残す事に否定的な考えは持っていません。 しかしその中にも、地震という災害がある日本においては、どれだけ安全の保証ができるか。 特に観光施設やホールという場所は、非常に多くの人が一斉に集まります。 九段会館の様に、講演会や我々の様に卒業式を行うような場所が、震度5の地震で死傷者を出すなんて、最もあってはならないことです。 そんな場所を残すのか? 民間業者に委託するそうですが、新しくできた法律と共に、残していくのは相当な覚悟が必要になるのではないでしょうか? どんなに姿形を変えようと、あの日この九段会館にいた者にとっては、ここが東日本大震災の場所なのです。 どんなに月日が経とうと、毎年献花をする人もいれば、「東日本大震災の、東京での被災地」として残っていくのですから。
>> 続きを読む

富士登山、今年も多くの人が目指す日本の魅力!
日本人の多くが「いつかは・・・」と望む富士登山。 言わずと知れた、日本一高い山である富士山の山頂に立つのは、一度は行っておきたい場所の一つでしょう。 登山を趣味にしている観光コンサルタントである私。 富士山をレポートしないわけにはいきませんね!(笑) 今回久々に行ってきたので、ご紹介します。 今回は初めての弟がお供という事もあって、一番多くの人が利用する吉田口ルートを登る事に。 シーズン中はマイカー規制になるため、麓の北麓公園から五合目行きのバスに乗る事に。 30分毎にバスがあるのですが、いっぱいになり次第出発なのでしょうか? 全く時刻表とは異なる時間に出発しました。 五合目へは40分程度。 帰省されているとはいえ、相変わらずバスの数が多いです。 世界中から人が集まる地になりましたからね。 とは言え、そのうちの半分以上はこの五合目で富士山を眺め、その一部が6合目まで歩いて帰路に就くことになります。 確かに五合目での人は多いですが、みんながみんな登山に入るわけではありません。 最近は認知も進んでいるようですが、高山病対策の第一歩目である五合目での順応です。 どんなに登山に慣れていても、高山病は克服できません。 順応することが必至になりますので、私たちも五合目でお昼ごはん食べながら1時間の休憩をとりました。 五合目についたころには見えていた富士山も、どんどん雲に覆われていく姿を見ながら、深呼吸と準備運動・・・ 11時に登山開始! 1日目に目指すは本八合目の山小屋です。 ここ2,3年でしたでしょうか? 1000円の「富士山保全協力金」の徴収があります。 任意なのですが、ちょっとした記念品をいただくことができますので、ぜひ協力をお願いします。 またこの記念品が、山頂で化けるので、ぜひ支払って記念品をゲットしておいてください。 入口で記念品をいただいて、6合目を目指している内にあっという間に霧の中に。。。 観光コンサルタントという仕事をしている私ですが、致命的な雨男。 雨が降ってくることは無かったのですが、霧に飲まれることは今回の山行で度々ありました。 しかしここは富士山。 登っていくと霧を抜ける瞬間もやってくるんですね。 登山をしていて初めての経験だと思うのですが、モクモクの雲も、こうやってみるとカッコいいものがあります。 中にいると景色を遮られ厄介ですが、外から見る分には神秘的な感覚を味わいました。 これが登山の醍醐味です! これと言った高山病の症状もなく、宿泊する山小屋「本八合目トモエ館」に到着。 トモエ館さんは七合目にもあるので、お間違え無く。 また富士山の特徴でもあるのですが、「八合目」と「本八合目」があります。 山小屋自体は七合目あたりから定期的にあるので、予約した山小屋を通り過ぎないようにしっかりと下調べしておいてくださいね。 七合目過ぎあたりから、岩場も出てきて、山登りの技術レベルも必要になります。 山歩きのお助けアイテムであるストックも、このあたりからはしまって、両手を開けるようにしたほうがいいですね。 無論、使った方が楽であったり、十分に使い慣れている等の場合は、自分にあったスタイルで登る方が安全でもあるので、臨機応変に対応してほしいのは、言うまでもありませんが。 そして、登山のご褒美でもあるのがこの景色です。 飛行機から見るような光景。 何もなくすっきりと晴れた光景もいいのですが、今回はこの雲の魅力に取りつかれているので、雲が作り出す幻想的な光景は、私的には大満足でした。 「ご来光」は今回、雲の具合もあったので、わざわざ混んでいる山頂で見るのではなく、山頂への道の途中で見ることにしました。 これも最近は多くの方が学んでいるのか、私たちと同じく道中でご来光を観ようとする人が意外と多くて驚きました。 無理に夜中歩くよりは、ギリギリまでしっかりと山小屋で休んだ方が、登山としては圧倒的に楽な選択ですからね。 寝不足で山頂へ向かうより、高山病の可能性を考えると、休むという選択肢は間違いではありません。 (あくまでも可能性ですが) 鳥居が見えてきたら、それは九合目。 山頂まであと少し!のサインです。 そしてここからがある種富士山名物。 このあと一息の道が非常に大変! 階段状になっていて、自分の歩幅とリズムを崩す、追い込みの場です。 ここで息を切らせて高山病に陥る人が多いとも聞いているので、意識的に一歩一歩をしっかりと進めていきます。 山頂付近ともなると、時間をずらしていても渋滞に巻き込まれてしまいます。 ただこれは山頂が目前である証拠! 鳥居をこえ、小屋が見えてきたら・・・ 山頂到着! 日本で一番高い場所は、厳密にはここではなく剣が峰ですが、シーズン中は剣が峰へ行くために行列に並ばなくてはいけません。 人によるのでしょうが、富士山の山頂でまで行列に並ぶのは馬鹿馬鹿しいと思えば、行く必要はないのではないでしょうか? もう一つの理由は、山頂というのは登山の上では折り返し地点。 あまり長居するものではないというのが、私が教えられたことです。 しかもここは富士山。 この日はつららが出来ているほどの寒さでした。 これから4~5時間かけて下山しなくてはいけないのですから。 実際に、富士山の下山道というのは体力を奪い、精神力を問われます。 砂地に小石が混ざる、単調な下り道。 もちろん下りだからと言って高山病へのリスクがなくなるわけではありません。 気合を入れて、しっかりと歩むことを求められるのです。 さて、最初に書いた通り、「富士山保全協力金」の記念品ですが、実はお願いすればこの裏に神社で「印」を入れてくれるのです。 公式なことではなく、お願いをする裏技です。 話を聞いてみると、富士山ガイドの一人が「入れてくれるのでは?」という一言から始まったのだとか。 なので誰もお願いに来ない日もあれば、他の誰かがやっているのを見て、連鎖的にお願いされる時もあるのだそうで、知っている人しか知らないネタだそうです。 下りも途中から霧に飲み込まれ、最後まで晴れ渡った景色を見ることがなかった今回の富士登山。 それでも山登りは楽しいし、自分と対話する時間を持てるのは、必要だなと思った今回の山行でした。
>> 続きを読む

ニュージーランドでドライブには、峠越えや川渡りなどの運転事情
ニュージーランドを旅行する際、ツアーに参加しない限り意外と困るのが、移動手段です。 主な都市間は飛行機での移動ができますが、ニュージーランドならではの大自然や、ちょっとした辺境地を訪れようと思うと飛行機は使えません。 バスという選択もありますが、1日に1往復や2往復のみ。 自由にニュージーランドを満喫しようと思うと、やはりレンタカーの利用が選択肢に入ってきます。 日本と似たような縦長の島国ともあって、主要都市間にはまっすぐな道が通っています。 そのまっすぐな1号線道路にいる限り、主要都市巡りに関しては迷うこともないはずです。 しかし、内陸に行ってみようものなら・・・ 今回はニュージーランドでドライブを楽しむ際の、ちょっとした運転事情をご紹介します。 レンタカー会社 旅行であれば、レンタカーという事になるわけですが、ニュージーランドには大手のHertz、 AVIS、 Budgetに加え、現地企業やイギリス系企業など、様々なレンタカー会社があります。 主には主要都市の空港にオフィスがありますが、地元企業は町中で借りることも可能です。 ただし、ニュージーランドでは一つの都市と都市の間は3~5時間ほどの運転が必要なります。 リターンの事を考えると、大手の方が乗り捨てができるので、値段だけで安い会社を選んでしまうと、旅行計画の邪魔になってしまうこともあるので、注意が必要です。 ニュージーランドの交通ルール 基本的には日本と同じ左側通行。 そのため、レンタカーも日本と同じ右ハンドル車両がほとんどで、日本メーカーの車も多く走っています。 比較的大きな戸惑いはなく、運転できると思います。 ただ一つ。 日本ではあまり馴染みのない交通ルールがあります。 ラウンドアバウト。 ヨーロッパの運転事情というイメージが強いかもしれませんが、あのグルグル回る交差点のことです。 グルグル回って車が「右側」から来るので、「右側優先」となります。 自分がラウンドアバウトに入っている時は、左側の車を待たせている状態になりますね。 ところが、普通の交差点では日本と同じく左側の車が優先の「左折優先」。 交差点の形によって優先が変わるので、この点は覚えておく必要がありますね。 峠越えは意外とすぐそこに ニュージーランドの町と町の移動には、峠越えをすることは珍しくありません。 日本と同じく山岳島でもあるので、一本道とは言え、ずっとまっすぐというわけにはいきません。 国柄なんですかね? トンネルよりも、山を越え谷を越えという選択をしている様です。 また、中央分離帯のない片側1車線という対面通行が主流です。 郊外の道路の制限速度は100キロ。 この辺は、もしかしたら日本人よりもkiwiの方が上手なのかもしれませんが、グネグネ道でも100キロで走り抜けていきます。 私は怖くて、どうしてもスピードを落としてしまいます。 そのため速い車には簡単に追いつかれてしまい、少しでも見通しがいい道に出れば、追い越ししてもらいます。 ガードレールの無いグネグネ道を、100キロで走るのは日本を運転していても怖いです。 慌てずに、自分のペースを守って走る事を心がけてください。 日本では走ることが無い状況も普通にある 未舗装の道路も、なんら珍しい事ではありません。 牛も歩けば、羊も歩きます。 動物が車にひかれて死んでいる事なんてのも、当たり前です。 また地域によっては、1日の間に四季が巡るような場所があります。 快晴の中出発したと思ったら、到着の頃には雨あられ。 条件によってはそれが夜中には凍る事もあります。 実際に、南島のミルフォードサウンドへの道は、秋から冬にかけては凍結が当たり前。 タイヤチェーンの携帯も、「いらないや」ではなく「持っておこう」を選択するようにしてください。 そして田舎道に入ると、現れるのが小川越えです。 日本では近年、ゲリラ豪雨による冠水で、水の中を車が走ることが増えてきていますが、ニュージーランドでは、いつどこで川越をする場面に出くわすかわかりません。 そもそも道路として想定されており、標識が立っている事もあります。 晴れていれば渡れる川も、ちょっと雲行きが怪しくなれば、帰られなくなることも・・・ 1車線の橋もあれば、警報機の無い踏切。 日本では出会う事の内容な道路が、ニュージーランドにはあります。 100% PURE NEW ZEALAND や旅行ガイドに様々な情報が載っているので、ぜひ確認をしてドライブを楽しむようにしてくださいね。 ニュージーランド政府観光局公式ウェブサイトへようこそ ニュージーランド 旅行について知りたい情報満載。ホテル、ビザ、天気などのニュージーランドの基本情報からニュージーランド ツアー情報、ラグビーワールドカップの情報など。ニュージーランド 政府観光局公式サイト。ニュージーランド海外旅行情報。
>> 続きを読む