観魅処投稿記事

かんみどころ~観魅処~観光の魅力発見・観光コンサルタントの魅力満喫~観光ガイド

旅スポットど真ん中?バックパッカー泊という選択
星空世界遺産で一躍有名になったニュージーランドのレイク・テカポ。 最高の快晴に恵まれ、星空を堪能できた今回の旅。 ここでの宿泊施設に選んだのが、バックパッカーです。 世界的な大チェーン店のYHA。 ニュージーランドではほぼすべての町にYHA、または加盟宿舎があります。 会員になれば各所でちょくちょく割引が反映されます。 バックパッカー 日本にはこの様に気軽に飛び込みでも泊まれる宿泊施設が少ない気がします。 観光コンサルタントとしても、民泊を進めるよりも、バックパッカーやこれに似た種類の宿泊施設を増やすほうが、圧倒的に効率的に、そして効果的だと考えています。 ただ、日本はまだまだ観光を「集客することによるビジネス」との認識が強いので、安い宿泊施設を推進する意気込みはないのでしょう。 もちろん、「少ない」だけで、日本人が知らない安宿は、ロンリープラネットに載っています。 一部の地域で非常に限定的ですが、外国人の方が多く泊まっているので、日本人としても日本にいないような感覚になる事間違いなしです。 ビジネスホテルというのが日本では進んでいますが、外国人的な感覚で行くと非常に中途半端。 ホスピタリティを求めて来る人にとっては物足りないですし、安宿として利用するには値段が高い。 本当に訪日外国人を増やす事を目的に考えるならば、為替に左右されない物価と、もっと利用しやすいゲストハウスやB&B、そしてバックパッカーの様な宿を増やすことが優先されるのですが。 行き当たりばっ旅もしやすくなりますしね。 そんなレイク・テカポのYHA、非常にいいロケーションに建っているんですね。 湖の湖畔に陣取り、暖炉のあるラウンジには大きな窓があって、湖を一望できるのです。 また町自体が小さいとは言え、中心地から近いのも便利。 バックパッカーなので、自分で食事を手配しなくてはいけませんので、スーパーが近いのは便利です。 夜星空観察するのにも、湖が近いのは安心でいいですね。 徒歩でも星空を眺めに行くことができました。 また、今回利用することは無かったのですが、YHAはネットワークが広いこともあって、ツアーやバスの手配も手伝ってくれるので非常に助かります。 星空観測ツアーの一部は、受付で予約可能。 と、言っても、多くのツアーデスクが町中にあるので、ほぼ歩いていける距離なんですよね。 直接行って予約することもできます。 6ベッドルーム 4ベッドルーム ツインベッドルーム など、施設の規模の割には、部屋のバリエーションがありました。 その中にも、男女一緒もあれば、別々もあります。 今回は男女混合の4ベッドルーム。 韓国人、ブラジル人、フランス人、ドイツ人、タイ人の皆さんとご一緒させていただきました。 と言っても、基本的には部屋にはいませんからね。 夜も星空を見に外に出ているので、本当に寝るだけ。 朝と夜の一瞬、他の方としゃべる機会があるかないか程度でした。 バックパッカーに泊まる人たちなので、英語はある程度できる方々だったので、ちょっとした会話でも困ることなくコミュニケーションをとることができました。 私の知る限りでは、日本人が共同部屋を避ける理由の一つにあるのが、このコミュニケーションです。 同じ部屋にいながら、言葉が通じないのは確かに不安ではありますね。 他にもプライバシーや清潔感なんていうのも、理由に挙げられます。 しかし、それも含めて旅の楽しさだと私は思います。 恵まれ過ぎている環境から抜け出して、「旅してる!!」って思うのが、この瞬間だとも思っています。 テイクアウトのコーヒーを片手に、この日の夜も、空を眺めていました。
>> 続きを読む

星空世界遺産という、暗さを進めるあり方
クライストチャーチ地震について、自分なりに求めていたものを得られた後。 次に向かったのが、星空世界遺産という観光コンサルタントとして格別な興味を持つ地、レイク・テカポ。 私がNZに留学していた時、学校主催の旅行で行った事がある場所です。 しかしその頃はまだ、小さな村で星がよく見れるくらい暗いという程度でした。 その後、まさかそれが世界遺産としての動きが活性化し、世界中から人が集まる地になるとは想像もしていませんでした。 もちろん高校生でしたので、同級生と過ごす時間の方が楽しかったというのもあるかと思います。 それこそ南十字星見ても、「あぁーあれがぁ」くらいだったんじゃないですか? 改めて大人として、自分自身で興味を持って行く事。 これが旅行の楽しみでもありますね。 「大人の修学旅行」など、以前訪れた地に改めて行ってみると、新しい発見や地の変化が見れて楽しいものです。 さて、世界星空遺産の取り組みは、世界中から注目されるものでした。 多くの観光に携わる方や、観光学の学者さん達が集まります。 と、言うのも、車や人が多くなる観光地では、事故や事件防止のために「明かり」を多くする発想が多く取り入れられます。 また日本の様に、夜のイルミネーションにてそもそも夜空も星が見ることができない観光による働きかけもあります。 よく考えれば変な話ですよね。 空を見れば、自然にできた最高のイルミネーションが“タダ”で見られるのに、人間というのはお金を払って人口の明かりに感動しているのです。 そんな流れに逆行する取り組みが、世界星空遺産への挑戦だったのです。 街灯も少なく、外の光源には必ず傘を付け下向きに光が行くようにしなければいけません。 この町独自の規制を設けているので、違反をすると罰則が生じるのです。 そんな町を写真で撮ろうとしても、なかなか難しくこんな感じになってしまうほど、暗さを求めています。 この様な取り組みの甲斐もあって、町にいながら星空を眺めることができます。 世界中からカメラを持って、夜にもなればあちこちで空にカメラを向ける人たちが。 私が使っているのは、もう何年も前のモデル、SONY Powershot SX110 IS ですが、ここまでは撮影することができました。 ノイズがひどいですねぇ。 一眼や最近の夜空撮影が可能なカメラでは、相当な撮影が可能でしょう。 もう一機、NIKON coolpix S7000を普段は使っているのですが、星空撮影には向かないのでこの時は使いませんでした。 案の定、星の撮影はできませんでした。 もちろん町の中にいなければいけないわけではありませんから、少し中心街から離れて、さらなる闇を求めるて移動することも、比較的簡単に行うことができます。 実際に、20分ほど歩けば街灯からさらに離れる湖の湖畔では、余計な明かりから遮断されます。 しかしいかに規制厳守で挑んでも、「月明かり」には勝てません。 私が行った時期も、半月で見事に邪魔をされました。 この月明かりをも味方に、星空撮影に挑む人ももちろんいらっしゃるかとは思いますが。 何はともあれ、私が訪れた際には、月には邪魔されましたが天気は最高の快晴! 雲一つないとはこのことを言うのです!と言わんばかりの天気。 メガネを新調していって良かったです。 世界星空遺産。 宿泊場所にいながら、徒歩で満点の星が鑑賞できる地を、規制を設けてまで追い求めている。 その結果、天文台もあり、世界中から人が集まり、写真撮影によって世界中にレイク・テカポの名前が知れ渡っていく。 観光と言う点においても、自然保護という点においても、ニュージーランドらしい観光の結果が表れているのではないでしょうか? 日本は絶対に見習うべき。 今あるものを守ることで、世界から注目されるチャンスが生まれるのだから。 それだけ、自然が残されているLake Tekapo。 NZを悩ませている野生のウサギ。 でもやっぱカワイイとカメラを向けてしまいます・・・
>> 続きを読む

まず動く!クライストチャーチ地震、最新メモリアルウォール!
今回のニュージーランド旅に、どうしても加えたかったクライストチャーチ。 東日本大震災と「姉妹地震」とも称されるように、非常に近い存在の地震。 その跡地、関連地をどうしても巡りたいとの意思を反映させました。 カセドラル・プレイス CTVビル跡地 トランジショナル・カセドラル そんな中、「現地で得た情報」をもとに訪れたのが 「カンタベリー地震ナショナルメモリアル」 (Canterbury Earthquake National Memorial) 2017年2月22日に、町中を流れるAvon川沿いにメモリアルウォールが作られました。 日本ではほとんどニュースにもならず、実際今回の計画段階で見つけることもできなかった場所です。 今回この情報を見つけたのは、地震当時の様子や被災した建物のシンボルなどを展示している「クエイク・シティ」でした。 地名にもなっているクライストチャーチの十字架や壊れてしまった町のシンボル、当時のニュースなど、地震のすべてを見ることができます。 また、日本の東日本大震災でも起きた「液状化現象」の仕組みや再現の展示もされていました。 そして日本から一目散に駆け付けた、日本救援隊の事も。 地震発生から時間が経ってからこの地を訪れることになる私にとっても、非常に参考になる展示内容となっていました。 また興味深かったのは、クライストチャーチのこれからの都市計画。 そう。 クライストチャーチの復興の現場では、「まず動いてしまおう!」なのです。 日本だとまず机上から始まって、決める事が決まらないと動くことすらありませんね。 すべてが後手になっていると批判が起きる原因ともなった点です。 その点、クライストチャーチでは計画を決めながら、やれるところは、やる。 すでにいくつかのオフィスビルや道路整備は完成しており、今回のような、地震のメモリアルウォールもすでに作られている段階なのです。 トランジショナル・カセドラルもそうですね。 被災者が希望を持てるように、片づけもままならない時に建てられました。 そんな都市計画。 ちゃんと都市の「ビジョン」があるのだなぁと思いました。 これは誰かにちゃんと聞いてみたい。 クエイクシティのスタッフさんの伝手をあり、翌日クライストチャーチ市役所にて話を聞けることになりました。 これはまた別の機会に。 そうしてクライストチャーチの復興は確実に前進していると改めて感じました。 そこで新たなものとして知ったのがメモリアルウォール。 やはりこの辺は外国人の「粋」な部分なんでしょうね。 地震にて被害にあわれ亡くなられた方々の名が刻まれていました。 語学学校では日本人を含め、いくつかの国の出身の方が亡くなられました。 ウォールには、その国の言葉でも名前が刻まれているのです。 日本人には漢字で。 他にも、韓国語、アラブ語(?)、中国語。 おそらく現地の人は読めないであろう言語ででも構わない。 国際色豊かなお国柄というのが全面に出ている気がしました。 日本では、実際に被害にあった場所「そのもの」を残そうという意思が先に立ちます。 改めて新しいものに、その「心」を残すという考え方は、宗教的な背景もあるのだと考えられますが、その精神はさまざまです。 もちろんこれは人が違うので、人の考え方とお国柄で違いが出るのは当たり前。 ですが、「地震の記憶」を残すのか、「人の記憶」を残すのか。 これは大きな違いだと私は思います。 この辺は欧米の「個人」を尊重する考え方が、このメモリアルウォールに現れているのだと感じました。 東日本大震災のも、市役所跡を残そうとか、船を保存しようとか様々ですね。 そこに「個人」はあるのでしょうか? ちょこっと、ふと思ったのです。
>> 続きを読む