アクティビティは調和が重要

- http://www.dithi.net -----------------------

観光コンサルタントDiTHiの観光促進通信

オーストラリアは国ではなく

地域観光で観光立国へ!その秘密は~

■□------------------------------------------□■

お世話になっております。

観光・ホスピタリティコンサルタントの石田です。

 

観光の仕組みをより理解いただけるように、

       チョットしたヒントをお届けしています。

-------------------------------------------------

今回のテーマ

◇アクティビティは調和が重要

=================================================

観光において人を集め思い出を作ってもらうために必要な事。

 

やはりメインなのは今回のテーマ「アクティビティ」です。

 

アクティビティを定義するならば「その瞬間を刺激し、

思い出と経験を与える物や行為」とできます。

 

アクティビティと一言で言っても、実は22に分類できます。

  

そして人気の出るアクティビティとは、その分類の項目、

いくつかに当てはまることが理想なのです。

 

例えば、バンジージャンプ。

 

バンジージャンプはインパクトのある「ハード」なものです。

 

しかし「シンプル」であり「貴重」な体験とも言えます。

 

「ハード」「シンプル」「貴重」の3つの分類に当てはまると

いうことが言えます。

 

つい先日、NHKで今ブームになっている、アニメ等の舞台

を巡る「聖地巡礼」が取り上げられていました。

 

その中に、一つの事業として立ち上げ、企画として旅行者に

来てもらおうとしたところ、上手くいかないとありました。

 

そうなんです。

 

人は縛られるのが嫌いなのです。

 

アクティビティとは旅行者に幅広いチョイスがあって成り

立つとも言えるのです。

 

また人は何かを見つけることに喜びを感じる習性もあります。

 

近年、個人旅行が団体旅行よりも流行っている理由です。

もちろんこれだけが理由ではないですが。

 

自分の足で自分流の観光を探す。

これが今の流行りとなっています。

 

そのため、アクティビティ一つ一つが最重要項目と考える

事が重要だと言えます。

 

言い方を変えると、決まったものを提供するのではなく、

いくつかのチョイスがあるということを情報提供する事に

よって集客に繋がるとも言えますね。

 

つねに観光の流行りとブームは変わります。

 

迅速に認識し、それに対応していく事が必要です。

 

=================================================

DiTHiではHPで観光客誘致に必要な分野、また日本が強み

とするも、導入が少ない“ホスピタリティ”を取り込んだ

観光地についての無料レポートをご提供しております。

 

『観光論とホスピタリティを

上手く利用した観光事業計画づくり』

こちらより、ご覧ください→【無料レポート

-------------------------------------------------

このメールは私の大切なお客様、レポートをお読みいただ

いた方セミナーにご参加いただいた方にお送りしております。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

発行元:DiTHi http://www.dithi.net

発行責任者:石田宜久 info.contact@dithi.net

意見・感想・質問:info.contact@dithi.net

無断転載を禁じます。(C) Copyright 2011.2012

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

ダウンロード
アクティビティのキャラクター分類
ダウンロードしてお使いください。
アクティビティのキャラクター分類.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 196.0 KB