観魅処投稿記事

かんみどころ~観魅処~観光の魅力発見・観光コンサルタントの魅力満喫~観光ガイド

新企画チア体験も、府中市みんなのスポーツDay
毎年体育の日に開催している、府中市のみんなのスポーツDay。 今年は10月14日10時から開催されます。 地域体育館の無料開放と合わせて、私たちスポーツ推進委員が様々な企画を用意して、みなさんと簡単なスポーツを楽しむ日です。 各地域体育館の特色を活かしたイベントも併せて、府中市民のみなさん誰もがスポーツを親しめるきっかけとなるように企画しています。 参加費はもちろん無料、入退場も自由! 東京オリンピック・パラリンピック参画プログラムにもなっていて、全館でボッチャ体験を実施いたします。 私は日吉体育館の担当。 昨年に引き続き実行委員として、様々な企画を用意しています。 日吉体育館は、明星大学初等教育研究会どろんこの会の皆さんの協力のもと、皆さんと一緒に楽しめる企画を中心に開催しています。 そして!! 今年は新しく、毎年素晴らしい演技披露をしてくれている東京外国語大学チアリーディング部RAMSの皆さんによる体験会を開催! 子供達に実際にチアを体験させてあげることはできないかと相談したところ、快く開催を快諾してくれました。 東京外国語大学のRAMSは、日本の大学チアリーディング部の中では珍しい、男女混合チーム。 パワフルなリフトとスピード感のある技が合わさって、大変見応えのある演技ができるのが特徴です。 体験会は午後の部13:00からです。 また演技披露は例年より10分遅くなって15:30からです。 超大型で強力な台風が近づいている今週末。 14日当日はおそらく影響なく、むしろいい天気になるかと思いますが、万が一にも体育館への被害が確認された場合は、中止となることもあります。 みんなのスポーツDay自体は開催となりますが、破損のあった体育館では開催されないこともあるので、ご確認の上ご来場ください。
>> 続きを読む

一生に一度を体験、オールブラックスとナミビアの好試合
日本の熱戦に、予想をはるかに超えるラグビー熱を帯びてきているラグビーワールドカップ2019。 オリンピックなんかよりも遥かに市場が大きいとはいえ、日本での開催ともなると若干の心配が・・・との声もありましたが、全く問題ありませんね!! 私がニュージーランドで感じたワールドカップ熱そのものを、日本でも同じ様に体感しています。 そして、先日いよいよ私もスタジアムに足を運び、一生に一度のスローガンの通り、日本でのラグビーワールドカップを体験してきました。 ラグビーw杯2019 - Spherical Image - RICOH THETA ニュージーランド v ナミビア 前から9列目で、おそらくこれまでしてきたスポーツ観戦の中でも、一番グラウンドに近いところでの観戦になったと思います。 以前にもオールブラックス戦を見たことがあるのですが、その会場のどよめきといい雰囲気は特別なものがあります。 ハカの際には、試合前にも関わらず盛り上がりは最高潮! 選手たちを奮い立たせるといいますが、観戦している私たちも鳥肌もの。 試合は前半、オールブラックスのミスも多く競った展開に。 会場中が「ナミビア、今日は違うな、やるな!!」という空気に。 ただそこはオールブラックス。 後半はちゃんと修正して、強い強い。 それでも一瞬の隙を見逃さないナミビアの攻撃の際には、ナミビアコールと大声援で後押し。 全体的に黒で染まっていた観客席でも、応援にどちらも関係ないのがラグビーですね。 選手たちもお互いをリスペクトし、ナミビアは最後まで諦めることなく向かい、オールブラックスは全力でそれを迎い受ける。 日本でも昔から「紳士のスポーツ」といわれている通り、その真髄をとことん見せつけられた、そんな試合だったのではないでしょうか。 試合終了後には、両チームが混じってのおじぎ。 試合としては結果的にはオールブラックスの圧勝となりましたが、ラグビーの素晴らしい部分、まだまだ日本も見習わなければいけない部分と、大変貴重な試合を観戦することができました。 何を隠そう、私も元ラガーマン。 ニュージーランドとオーストラリアでのプレー経験があり、ラグビーで育てていただきました。 本当にいいスポーツを選び、今でも好きです。
>> 続きを読む

観光ホスピタリティセミナー開催:愛知県田原市
愛知県田原市でセミナーを開催してきました。 最寄りの新幹線駅、豊橋はよく行くのですが、田原まで行くのは初めてで初上陸。 私も現地に着くまで気がつかなかったのですが、サーフィンの町をテーマに掲げているんですね。 少し本州から飛び出た渥美半島、海に囲まれた地域なだけに、海は多くの人で盛り上がるそうです。 駐車場も更衣室、シャワーも無料とあって、遠くから来る人もいるのだとか。 特別高い建物もなく、空が開けていて、この日は天気も良かったので気持ちがいい第一印象でした。 以前埼玉県秩父市で開催した、地域雇用創造協議会主催のセミナーです。 今回は「接客・接遇セミナー」がテーマ。 その中の第1回目を担当させていただきました。 1回目のテーマは私が最も強く推している、 地域と人をつなぐ「観光ホスピタリティ」 〜観光産業と地域活性化について〜 地域として、地域を知らない人たちにどうホスピタリティを提供すればいいのでしょうか? わかりやすいパンフレット 見やすい案内板 怖くないタクシーの運転手さん(笑) どうしても観光では、10のいいことがあっても、1つの悪い印象で台無しになってしまうことがあります。 私自身もその様な経験があるので、せっかくお金と時間を費やして、知らない地域に来てもらったのですから、いい思い出だけ持って帰って欲しいではありませんか。 宿泊場所や飲食店以外でも、ホスピタリティを感じてもらえる観光地とはどんなところなのか? 受講者のみなさんとやり取りしながら、お話させていただきました。
>> 続きを読む