観魅処投稿記事

かんみどころ~観魅処~観光の魅力発見・観光コンサルタントの魅力満喫~観光ガイド

屋外もNG!八丈島のコロナ対策と満天の星空
観光コンサルタントのお仕事を始めて、初めて訪れた島。 人生でも数回しかない島旅ですが、時節柄、大変気をつけての旅となりました。 比較的影響は少ないとはいえ、八丈島空港では国際空港の様な水際対策がとられ、ペーパー類の品薄状態が商店で見られました。 今回周った場所でも、その影響が見られました。 到着後、レンタカーを借りた後、ホテルに入れるまで時間があったので、八丈島の道路に慣れるためにもドライブへ。 基本的には3本の道路、空港道路・中央道路・一周道路を使えばある程度の場所に行け、それらを結ぶ道を把握できれば、八丈島の道路はおそらく攻略できるかと思います。 ただ、場所によっては中央線が無かったり、すれ違いも大変なほど細い道が数多くあります。 それこそ、先の見えないカーブも多いので、真ん中を意識しないで曲がろうものなら、事故まっしぐらです。 ともあえ、まずは島といえば海。 山と海が近い距離にあるのが島の特徴ですからね。 海沿いに車を走らせました。 地図や観光パンフレットにも載っている、「大潟浦」と「南原千畳岩」。 綺麗な芝広場で整備されていて、BBQ、水場、トイレ、テーブルベンチに東屋と設置されている「大潟浦園地BBQ場」。 冬季にはここからBBQしながら、クジラを見ることもできるそうです。 この日の様にいい天気だと、BBQだけじゃなく、芝生の上でゆっくりするのもいいですよね。 施設利用は事前に申請が必要で、それさえしっかりやれば、観光協会でBBQ道具のレンタルをしてくれるそうです。 しかし、私が訪れた時は、コロナの影響で利用休止。 現在の状況では、4月30日まで利用不可となっているので、お気をつけください。 屋外なら・・・と言われていますが、屋外でもダメです! そして火山が生み出した、火山岩が形成されている岩地「南原千畳岩海岸」。 火山によって流れ出した溶岩が冷えて、黒い岩となって続いている場所で、岩がモコモコとして形状になっているのが異世界の様な風景が見られます。 素晴らしい夕日を八丈小島と見ることができるとして人気で、私が訪れた際にも、夕陽を見にきている方々が数多くいらっしゃいました。 少し雲が出てきていたのですが、それでも確かにいいところです! そこから少し一周道路を走ると、「日本三大廃墟」の一つとも言われている大型廃墟施設「八丈オリエンタルリゾート」が見えてきます。 バブルの遺産というやつでしょう。 とにかくデカい! 映画のロケ地にもなったという情報もありますが、遠くから見れば「あれはなんだ?」というくらいの存在感がありました。 申請すれば中に入れる(?)みたいですが、今回はパスしました。 しかしずっと残しておくのも、むしろ潮風にあたり一般よりも早いペースでダメージが出ていると思うのですが、大変な施設だという印象を受けました。 特別ロープやバリケードがあるわけではないのが、また不思議・・・ そして、今回の島旅で楽しみにしていたイベントの一つが、星空です! 街明かりは多少あるのですが、もともとが少なめなので、十分星空を見ることができました。 今回私が宿泊した「満天望」さんの裏は、横間ヶ浦という海岸になっています。 歩いて3分で行けるのですが・・・・ 素晴らしかったです!! ニュージーランドのテカポで星空を見たのですが、その時は月年齢のタイミングが悪く、少し残念な思いがあったのですが、今回はバッチリ! これだけ星空が見える・・・東京都内です。 不思議ですよねぇ。 私が普段見ている東京都内では、絶対にこんな星空は見えません。 やっとこさ一番星が見える程度なのに、こちらの東京都内では満点の星空。 カメラの方はまだまだ不慣れな部分もあり、腕の方には伸び代が満載ですが、こんな私でもこれだけ撮れました。 もっと腕がついてくると、もっとカッコいい写真が撮れるんでしょうね。 また次の機会を練りつつ、嵐予報が出ている次の日を迎えるのでした。
>> 続きを読む

念願の島取材!初上陸の八丈島は風の大地。
昨年より計画していた八丈島旅。 全国各地を巡って取材をしてきましたが、観光コンサルタントの仕事を初めて、取材をかねて島を訪れたのは初めて。 人生でも・・・3島?4島目ほどだと思います。 時節柄大変悩んだところですが、まだ日本全体としても対岸の火事の様な雰囲気で、私自身も同様な感覚でいましたので、行ってしまいました。 幸い、八丈島にはコロナウイルスの影響はなく、むしろ外部の人間である私が持ち込まない様全力を尽くす方が大事な時。 携帯の消毒液とマスクを期間分持参。 おそらく羽田空港と空港へ向かう電車とバスでの感染リスクが一番だったのではないかと。 羽田空港も普段通り、ただ、マスク着用率は高めだったような気がします。 そして八丈島へ飛行機で向かう際、一番厄介なのは「風」。 当日は大丈夫でしたが、多くの日で「羽田空港への折り返し」が条件としてつけられることになります。 また原則として1日3便のみ。 1便飛べなくなるだけでも、物資の運搬や郵便などへの影響もあるので大変です! 実はこの条件を身にしみる自体が起きるのですが、それは後日また。 私の乗る飛行機は予定よりも10分ほど早く八丈島へ到着。 例の風が着陸前ままぁまぁ揺れましたが。 空港で早速、八丈島の新型コロナウイルス対策を目にすることになりました。 空港の各所に消毒スプレーが設置、空港の出口では検温カウンターが設けられていました。 いわゆる水際対策が実施されています。 島にウイルスを入れない、まずはここが大事ですからね。 空港についてまずは、島内での移動手段の確保です。 路線バスもありますが、基本的には40分〜1時間に一本の運行です。 効率的に島内を巡るなら、レンタカーを借りるのが便利です。 そして軽自動車が主流な様です。 釣りをする際には、匂いがつくとの理由で、レンタカー屋さんの方に事前に申告が必要になります。 ファミリーサイズもありますが、ほぼレンタカーですね。 島の方はお仕事の車か軽自動車がほとんどでした。 何よりも“品川ナンバー”。 わかっていたのですが、実際に八丈島まで行っているのに品川ナンバーを実際にみると、新鮮そのものです。 山登りの計画もあるので、行動食の確保もかねてまずはスーパーマーケットへ。 いわゆるコンビニというのはありません。 個人商店か、八丈島には2店あるスーパーマーケットが主になります。 お惣菜が思ったよりも豊富で、冷凍食品もレトルト食品もたくさん。 登山に必要な行動食になりそうなものも、手に入れられました。 ただここでも例外ではなく、マスクも消毒液も完売状態。 飛行機や船での運搬が必要になるうえ、本州でも品薄状態ですからね。 もちろん用意して訪れていたので、買う必要はありませんでしたが、物品の状況はどこも同じなのだと実感させられました。 今回の予定では二箇所、2タイプの宿泊施設に泊まることに。 前半は『満天望』さんにお邪魔します。 少しメインの地域から海側に降りたところなのですが、少しとは言え、静かで素晴らしい時間を過ごさせてもらいました。 規模は小さいのですが、木目調の建物で、歩いて5分ほどで海岸です。門限はありません。 お一人でやられているのでしょうか? 受付でも、食事の用意をしてくれるのもオーナーの方がお世話してくれました。 お料理もまた美味しいこと!! 部屋も広く、木が中心で、落ち着く部屋です。 洗面所とトイレは各部屋についているのですが、お風呂は共同。 湯船は入れる時間が決まっているのですが、シャワーはいつでも使っていいみたいでした。 と言うのも、八丈島の各所には温泉があり、公共の温泉施設では日帰り温泉が楽しめます。 天気が良かったので、もうすこしドライブを楽しみ、夜は満天の星空を・・・これは次回。
>> 続きを読む

九段会館震災から9年。解体進み、うやむやのまま
(写真 鹿島建設・東急不動産) 新型コロナウイルスに世界中が手を焼いている中ですが、今日3月11日は、各テレビ局でも東日本大震災を取り上げています。 一部の帰宅困難区域が解除になったり、JR常磐線が運行再開になったりと、少しずつですが復興が進んでいるのだと思います。 ただ、それはあくまでもハード面でのこと。 人が戻らなければ、厳密には地域としての復興とは言えません。 津波の被害にあった場所でも、堤防が建てられ土地も整理されていますが、更地のまま。 本当の意味での復興というのは、まだまだこれからなのかもしれません。 政府は明らかに2020東京オリンピック・パラリンピックを意識した対策しか行ってきていません。 それは今回の新型コロナに対しても同じことが言えますが。 私はというと、毎年3月11日には、東京での東日本大震災「九段会館」での被害についてを訴えてきています。 今の九段会館は解体、23年(?)のオープンを目指し立て替えが進められています。 別にこの建物に恨みがあるわけでもなければ、愛着なんてものは微塵も感じていないので、その点はどうでもいいのですが、やはり命を落とす寸前の体験をした場ですので、もう2度とここを訪れることもなければ、行こうとも思わないでしょう。 何よりも許せないし、社会的にも許されるべきではないと思っているのは、日本遺族会の対応と東京都、日本国の見解。 遺族会と名乗っておきながら、震災の遺族には足蹴りをするなんていうのは、人としてあり得ない行為。 「もうこちらは謝罪をしたのだから、いいでしょ!」 あの発言は今でも許せないし、逆にあれだけの低俗なのだから仕方がないとも言えるのかもしれません。 今でも、「東京は震度5強でも崩壊の可能性があちらこちらにある」を教訓に前に進んでいく。 そして日本にいる以上、災害とは向き合っていくしかないというのを、毎年3月11日には思い出させてくれます。 災害が来ないことを祈るのではなく、災害が来ても負けないことを目指すしかないのです。 私も観光業という業種にいる以上、訪れる方々の安全を必ず考えなければいけない環境にいます。 どこにいても災害にあう可能性を考え、活動していこう、そう思うのです。 8年。東京の東日本大震災も九段会館から未来へ続くのか? https://ameblo.jp/dithiblog/entry-12446018326.html 幕がかかる九段会館、8年で終焉に加速が。これは東北でも同じか https://ameblo.jp/dithiblog/entry-12445895717.html 九段会館からようやく・・・震度6強で倒壊恐れ、建物名を公表へ https://ameblo.jp/dithiblog/entry-12365542276.html 東京での東日本大震災7年、九段会館の未来とは? https://ameblo.jp/dithiblog/entry-12359392308.html 【※写真有】黙殺される九段会館での大震災。今考える命の価値。 https://ameblo.jp/dithiblog/entry-12255286331.html 九段会館を振り返る、スーパーJチャンネル出演 https://ameblo.jp/dithiblog/entry-12310182307.html 東日本大震災最初の犠牲者はどこへ?活かされない命の教訓 https://ameblo.jp/dithiblog/entry-12138060192.html 九段下と東京は何も変わらなかった、この3年 http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11793617783.html 「国が握りつぶした」私の大震災2年目@九段下 http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11488351831.html 九段会館での、その後。 http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11190723823.html 九段会館での3月11日【H.22年度卒業式】 http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11190357448.html 九段会館での3月11日【H.22年度卒業式】2 http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11190706169.html 九段会館で起きた事【H.22年度卒業式】1 http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11188710777.html 九段会館で起きた事【H.22年度卒業式】2 http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11189313446.html 九段会館で起きた事【H.22年度卒業式】3 http://ameblo.jp/dithiblog/entry-11189627996.html
>> 続きを読む