観魅処投稿記事

かんみどころ~観魅処~観光の魅力発見・観光コンサルタントの魅力満喫~観光ガイド

まるっと魚津でヒスイ探し、ここは退屈?の地方都市
富山拠点で3泊。 少し富山市内から移動して、魚津を次の拠点に選びました。 次の日に予定していた宇奈月へも、これからご紹介する朝日町方面へも、都合がいいのがこの魚津。 時期的には見ることはできませんでしたが、「蜃気楼の見える町魚津」です。 富山駅から、あいの風とやま鉄道で約20分。 富山駅周辺とはうってかわって、高い建物が一気になくなりました。 先ほども書きましたが、魚津を次の拠点に選んだ理由は「意外と便利だから」。 帰りの北陸新幹線を乗るにも黒部宇奈月温泉駅まで約15分。 日本海と富山湾を一望できるヒスイ海岸へも、乗り換えのタイミングにもよりますが30分ほど。 そして宇奈月温泉へも40分。 今回は時期的にも諦めましたが、3月~6月頃には蜃気楼を見るにはココです! 残念ながら今回は行くことができなかった、埋没林博物館や水族館、日本一美しいと評される「東山円筒分水槽」もこの魚津なんです。 そんな意外な魅力の宝庫(意外と言ったら怒られるかもしれませんが)、富山駅を午前中に経ち、一気に魚津駅へ。 コインロッカーに荷物を入れてしまい、私の旅ではお馴染みの「徒歩」で周辺を巡ります。 駅前に観光案内所にあり、まずは情報収集。 図らずしもこの日「魚津産業フェア」という催しがやっているという情報を得て、一路ありそドームへ。 高さ46mの展望台が際立つ建物。 この日は産業フェア開催中とあって、多くの人が上がっているとあって、辞めてしまいましたが、富山湾や立山連峰が一望できるみたいです。 魚津を中心とした企業・団体が、美味しい食べ物はもちろん、工芸品や活動を出店。 コンセプト通り「まるっと」まるまる魚津を堪能しました。 平成28年に「山・鉾・屋台行事」としてユネスコの無形文化遺産の一つ、「魚津のタテモン行事」に使われる大柱を見ることもできました。 ただ、今回は多くの魚津の魅力を一か所で堪能できてしまいましたが、本来はやはり車がないと不便だなと感じました。 おそらくレンタサイクルやタクシーが主な交通手段になるのかとは思いますが、一つ一つに距離があるのと、レンタサイクルも拠点がまだまだ少ないので、意外とお金がかかってしまいます。 私も全部を歩いて回るのは、さすがにきついと感じましたから。。。 1時間に1~2本の電車を逃すわけにもいかないので、そこそこで切り上げ魚津駅へ戻る事に。 もう一か所行っておきたかった場所、ヒスイ海岸へ! 富山県朝日町にある東西約4㎞にわたって広がる海岸。 宝石の一種であるヒスイの原石が打ち上げられる海岸として「ヒスイ海岸」と呼ばれていて、「日本の渚百選」「快水浴場百選」に選定されています。 またタラ汁が有名で、ヒスイ探しで冷えた体にはもってこいのホカホカ名物もいただけます。 このヒスイ海岸でも、予定していなかったイベントに当たる事となりました。 私の訪れた週末が、ヒスイテラスのオープンだったようで、多くの人で賑わっていました。 サイクルオアシスとしての機能があるようで、この日も多くのサイクリストが集まっていました。 いい天気でしたので、気持ちがいいでしょうねぇ~~ 海岸にも多くの方が海ではなく、自分の足元を見ていました。 あの数の石の中からヒスイを探すのは大変です。 ヒスイ海岸 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA ただここもやはり電車よりも車なんでしょうね・・・ 一つ一つの距離感がとにかく広い! タラ汁のお店も、一軒一軒が遠いので大変でした。 そもそも歩道という歩道はありませんでした。 帰りに一枚のチラシを。 映画「ここは退屈迎えに来て」 退屈な場所=富山ではありませんが、ロケ地が富山県なんですね。 あくまでも設定の地方都市としての扱いですが、富山らしい景色がたくさん出てきます。 観光地とは違う富山の風景を見るにはいい映画かもしれませんね。
>> 続きを読む

長崎の隠れハート眼鏡橋と展望地の龍馬さんに会う
長崎と言えば、やはり外せないのが眼鏡橋。 半日フラフラ長崎を歩いた後、いよいよ眼鏡橋を目指します。 と、言っても、ここはやはりただ行って終わりではしょうがないわけです。 私がよく使うガイドブック、「ブルーガイド」は“徒歩”をテーマにおいているガイドブックです。 今回は、眼鏡橋と長崎の龍馬さんを歩いて巡ってみました。 路面電車のフリー切符を使って、眼鏡橋電停へ。 最近、電停の名前が変わったとあって、現地で手に入れたパンフレットにはまだ古い名前のものがあります。 眼鏡橋電停もその一つ。 元の名前は「賑橋」。 新しくなった名前は「眼鏡橋」なので、わかりやすくなりましたね。 電停から歩いて3分ほど。 古代ローマ人の石橋技術がポルトガル人に伝えられていて、ポルトガル人によってこの長崎に石橋を作る技術が入ってきました。 元は1634年に、興福寺の唐僧によって架けられました。 日本最古のアーチ型石橋とされ国の重要文化財になっていますが、1982年の水害で半壊。 翌年に再建されたものが今の姿です。 名前はもちろん、橋そのものが由来ではなく、水に映った姿が眼鏡の形だから。 私が訪れたときは風もなく、非常にきれいな眼鏡になっていました。 女子旅でしょうか? いい画のモデルさんになってくれていましたので、一枚。 この眼鏡橋、近年ではもう一つの見所でテレビ番組などで取り上げられていますね。 隠れハートになっている石垣。 未だにわざとやったとしか思えないほどハートになっているのですが、わざわざハートにしたのではなく、計画通り石垣建造を進めた結果なのだとか。 ぜひご自身の目で見てみてください。 約束します。 「エェェ~~~~」と、疑うと思いますww 眼鏡橋を渡って丘の方へ向かって歩いていきます。 「龍馬通り」の表示を目印に、浄安寺、三宝寺など、歴史感じる建物を横目に歩いていきます。 そこから急に細く、そして階段が続く道、それが龍馬通りです。 ここからが大変でした。。。 坂の多い町長崎のその真髄とでも言うところでしょうか、どんどんと丘を登っていきます。 ただ、たまには振り返ってみてください。 山登りでも同じです。 まっすぐ前だけを見て登り続けるのは大変ですが、たまに振り返ってみると、前では見えなかった景色が広がっています。 なんとも細い道の途中で、急に現れるのが歴史の教科書でも見たことがある文字「亀山社中」が。 厳密には亀山社中だった建物を当時の状況に修復して公開しているとのこと。 こんな丘の上にひっそりとある感じなのでしたが、ここに来ると人が多くいらっしゃっていて、記念館にはブーツやピストルなどが展示されていました。 またその近くには、龍馬のブーツの像があり、格好の展望地となっています。 靴のままブーツを履いてみる事もできますよ。 さらに10分程度でしょうか、坂道を登っていくと「風頭公園」にたどり着きます。 私は高知県桂浜の龍馬さんにはお会いしたことがあり、高知駅にある龍馬さんには何度もお目にかかってきました。 そして長崎の龍馬さんに、ようやくお会いする事ができました。 この展望台には、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』の文学碑も建てられています。 ホントにたまたまでしたが、この日は龍馬さんの誕生日(?)かなんかで、長崎龍馬会の皆さんがイベントを開催していました。 お酒を振舞っていましたが、私はお酒は飲みません。 またこれだけの坂道を登ってきた体には、少々堪えます。 帰りは風頭山バス停からバスに乗ってしまうという手もあったのですが、やはり本数は少なく、結局ヘイフリ坂を歩いて下り帰りました。
>> 続きを読む

江戸時代から続く町人文化の町越中八尾、石垣の町並み日本の道とともに
今回の北陸記、前々から「ここは行くぞ!」と目を付けていたのが、富山駅から髙山本線で25分ほどの越中八尾駅、富山市八尾町。 八尾(やつお)という名前は知らなくとも、「おわら風の盆」なら聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか? この地で300年あまり継がれてきている「越中おわら」が、毎年9月1日~3日に開催される「おわら風の盆」で踊られます。 八つの山の尾根に開かれた町という由来で「八尾」。 その名の通り、飛騨の山々へ向かっていく途中に位置していて、町は坂がとても多い! そんな坂が創り出す、人と坂の町並みを見てみたくて訪れてみました。 諏訪町本通りは昭和61年に日本の道百選に指定され、平成8年には側溝である「エンナカ」を流れる水と胡弓・三味線の音が同調するとして残したい日本の音風景百選にも指定されています。 もちろん普通の道ですので、車も止まっています。 この通りは、映画やテレビドラマのロケ地にもなっていますね。 岡田准一さん主演の『追憶』でも登場していました。 乗り込んだJR髙山本線。 非常に外国人の方が多くて、どこに行くのだろう?と疑問を抱えながら約25分。 どんどんと富山の山側へ向かっていきます。 残念ながら私が訪れた日は小雨続きで、富山の山景色を堪能する事はできませんでしたが、天気がいい日は電車から見える風景は、25分では短すぎるほど素晴らしいそうです。 確かに髙山本線は飛騨の方へドンドン向かっていきますので、その景色は間違いないですね!! 越中八尾駅で降りる人はまばらでしたが、観光客、そして外国人観光客もいらっしゃいました。 ホントどこで聞き付けるのでしょうか・・・ 駅から石垣と日本の道百選が見られる八尾旧町までは歩きで20分ほどかかります。 循環バスも走っていますが、本数は非常に少ないので、歩けそうなら頑張って歩いてしまいましょう。 ちょうど旧町の入口辺りに、眼鏡橋がかかっています。 小さな川ともあって、眼鏡にはなっていませんでしたが、かわいらしい橋が架かっています。 寛永13年、正応3年建立と非常に歴史ある寺社に立ち寄りながら、坂道を歩いていきます。 そして見えてくる、高く積み上げられた石垣の上に町屋が続く光景。 山間地を切り開いて建てられた事を今でも伝える、非常に希少な八尾独自の風景が禅寺の坂にある石垣の町並み。 どこか要塞の様な、お城の様な、そんな石垣に町屋が建っている風景は見ごたえがあります。 #八尾 石垣の町並み #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA この禅寺の坂をさらに上へ上へ向かっていくと、ひと際長い階段「おたや階段」が見えてきます。 昔伊勢から出て国々に暦を配り歩いた人を伊勢の大夫様と呼びます。 大夫様がこのあたりに寄った際に宿としていたことから、この辺りを旅籠屋(おたや)と言ったそうです。 長い坂道を登ってきた足には、なかなかの階段です。 階段を登り切り、お蕎麦屋さん、食堂を横目に、いよいよ日本の道百選の一つ、諏訪町通りにたどり着きます。 途中、展望の良い城ヶ山に登る階段があります。 曇りで遠くまで景色は見えないとはわかっていますが、登ってきました。 が、特にこれといった収穫はなかったので、今回は割愛です。 ちなみに「富山花の名所」になっていますので、時期が合えばいい景色とお花が楽しめます。 町並みを楽しむためにフラフラ歩き、雰囲気にちゃんと溶け込んだ電気屋さんに郵便局。 途中で立ち寄った喫茶店「明日香」さんは、直木賞作家、高橋治の「風の盆恋歌」の舞台になっています。 コーヒーとケーキをいただき、店主のおばちゃんとお話を。 駅に帰る途中で、江戸時代から続く老舗旅館「宮田旅館」に立ち寄り。 八尾町出身の柴田理恵さんとゆかりの深い場所として度々メディアに紹介されています。 もう少し天気が良かったら・・・と悔いが残りますが、まぁもともと天気にはなかなか恵まれない私。 これまでの旅で天気がいい事がついているとして、富山駅への帰路へつくのでした。
>> 続きを読む