観魅処投稿記事

かんみどころ~観魅処~観光の魅力発見・観光コンサルタントの魅力満喫~観光ガイド

歩く選択肢!?日本古来の巡礼ルート熊野古道@lonely planet
Lonely planet はナゼそこへ? 先日訪れた熊野古道が、別枠で紹介されています。 日本の古来の巡礼ルートといったニュアンスでしょうか。 非常にロンリープラネットっぽいのが、「歩く」選択肢を紹介しているところ。 確かに実際に歩いてみることが、熊野古道を満喫するにはベストだとは思いますが・・・さすがというべき点があります!! 先日私が訪れた際には、新宮に拠点をおき、那智駅からタクシーをつかって熊野古道の一部である大門坂から那智大社を目指しました。 その際にタクシーの運転手さんから聞いたのが、 「日本人は五分五分で大門坂から歩くか、バスかタクシーで大社まで行ってしまうが、外国人はほとんどが大門坂から歩いて行く」 という話でした。 多くのイメージとして紹介される熊野古道である「杉の間に苔のついた石畳の道」という風景を見たく、大門坂を歩くというのが一般的です。 私もそのルートを選択しました。 また新宮にある速玉大社と合わせるというプランを立てたので、結果的に那智駅を経由して行くというルートになったわけです。 先日も那智駅で外国人の方をお見かけしました。 ただ、旅記事でも記した通り、そもそも新宮から那智方面への電車は1時間〜2時間に一本。 バスの接続はなく、その時も40分ほど駅で足止めを食らうというものでした。 ですので時間がもったいないのでタクシーを呼んでしまいました。 もちろん紀伊勝浦を拠点とするならば、利便性は変わったのかもしれませんが。 では、なぜそんなに外国人は熊野古道の存在を知っているのか? その答えの一部はこのロンリープラネットでした。 日本人向けのガイドブックよりもしっかりとした説明が書かれていますね。 その歴史から魅力まで「熊野古道とは?」を解説。 ロンリープラネットでは田辺を拠点としたルートが紹介されています。 そして、これがロンリープラネットっぽいところなのですが、 “Typical routes involve taking a bus from Tanabe, and walking for two days to Hongu, but many variations and longer of shorter trips are possible.” 「本宮まで2日間歩く」という選択肢まで紹介しているのです。 もちろん他にも選択肢があることは言っているのですが、日本のガイドブックではその様な選択肢があることをあえて紹介する様なことはしませんよね。 昔で言えば、歩くのが当然だったので、歩くことは当たり前と言われればそうなのかもしれませんが。 そして外せないのが、温泉! 湯峯温泉 わたらせ温泉 川湯温泉 また冬の間、川を一部せき止めて「千人」入れるほど大きな露天風呂「仙人風呂」。 多くの外国人観光客が日本に求めているもの、それが温泉です。 ロンリープラネットは温泉の掲載が多くされているのも特徴です。 ちなみに、今回私が泊まった「ホテルニューパレス」もロンリープラネットに掲載されています。 アクセスがよく、洗濯機も完備。 そしてとにかく部屋が広いということで、私もここをチョイス。 外国人受けがいいのも、よくわかりました。
>> 続きを読む

いよいよラストにG20!?帰り前に阿須賀
1週間かけて紀伊半島を巡ってきた旅もいよいよラスト。 盛り沢山の旅だったので、一つ一つ文字に起こしていたら、こんな長旅になってしまいました。 和歌山県の新宮市から東京の自宅まで約7時間ほどの旅になります。 最後の最後の行程が、これまた長い・・・ それでも隅々まで廻りたい性分なのが、いわゆる職業病でしょうかww 「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産になっている神社で新宮市内にある「阿須賀神社」に駆け込みます。 紀元前423年の考昭天皇の代に創建されたといわれるほど、歴史の深い神社です。 境内から弥生時代の竪穴式住居が出土するなど、大変貴重な土地でもあるというのです。 ところが人がいません!! これは全国的にもそうなのですが、やはり一括りでの世界遺産登録には偏りが生じますね。 とは言え、時間も時間ですし、平日ですのでその辺もあるのでしょうか。 ゆっくりはしていられません。 途中で緑に囲まれた線路に目を奪われ、「しばらくこんな光景とは出会えないかな?」と思いながら新宮駅に向かいます。 新宮駅9時13分の南紀4号に乗って、名古屋に12時41分! とにかくお昼の微妙な時間な上に、車内販売はありません。 腹べこで到着した名古屋は、異様な空気に包まれていたのです・・・ そう、G20に向けて警戒態勢だったのです。 ご飯を食べ様にも、コインロッカーが使えないので荷物は持ったまま。 2日前ともあってか徐々に要人が集まってくる頃なんでしょうね。 警察官もあちこちに立っていました。 これはちょっとお店で食事をしようにも、荷物もあるし人も多いしで、駅弁にしました。 まだ道半ば。 本当はもう少し名古屋も回ってみたかったのですが、コインロッカーが使えないのは計算外。 というか、G20は把握していませんでした・・・ 駅前のクリスマスツリーだけ鑑賞して、東京へ向けて出発です。 以前から紀伊半島巡りに行きたいと希望があり、まだまだ一部でしたがようやく行くことができた今回。 全国スポーツ推進委員研究協議会が三重県であったことがキッカケでしたが、今度は紀伊半島の西側を巡ってみたいですね。 特に熊野、那智はどことなく憧れを抱いていた部分もありましたので、今回で一つ達成ということになります。 こうやって振り返ってみても、なぜこんなに那智の滝に行きたかったのかはわかりません。 ただ実際に行ってみることで達成感を得られてのは事実。 新幹線と特急電車で行けるとは言え、ちょっと遠いですからね。 簡単には行けないということで、憧れをいだいたのでしょうか?? お土産はいろいろ買いましたが、特にピックアップしたのは二見浦の夫婦岩が描かれた御朱印帳袋です。
>> 続きを読む

NEW国立のプレミアムラウンジと木造美
何かと「今年=東京五輪」と盛り上がっている今ですが、そのシンボル的なものが、年末にこけら落としとなった「国立競技場」。 いよいよ今年開催となった東京2020の開会式・閉会式に使われるメインスタジアムですね。 “厳密には”まだ完成しているわけではありませんが、今年に入って早速熱い戦いが繰り広げられています。 その中の一つ。 全国大学ラグビーフットボール選手権の決勝戦が、1月11日に開催されました。 私も、たまたま巡りに巡ってチケットが手に入ることに。 しかもプレミアムシートということで、ラウンジもみることができ、大変貴重な体験をすることとなりました。 まず惹かれるのは、やはりシンボルで、メインコンセプトでもある「木造」部です。 各所で言われていますが、大変綺麗で、そこまで建物に詳しいわけではありませんが、あの名言「ひじょ〜〜に美しい」と言ってしまいますww もちろん、今回は大学ラグビーですので、学生さんやそのOBの皆さんがたくさん。 みなさんも初めてのことですので、カメラを構えている方々で溢れていました。 ただ自由席券もありますので、一部の方は席取りで行列を作っていましたが。 でも待っている時間も上を見上げて、その木造美を堪能していたに違いありません。 そしてグルッと廻ってみて思ったのは、ゲートが広く、数も多いこと。 自由席券の方々が並んでいましたが、その流れは止まることなくどんどん中に入っていっている様に見えました。 それでもセキュリティーでバックを開けて一つ一つ確認してのこと。 帰る際にも、流れが途切れることなくスムーズに出ることができました。 また中に入ってからも、特に感じたのですが、様々な地域の料理が売店に入っていたことです。 福島県のマミーすいとん 南九州の安納黒豚カツカレー 大阪のたこ焼き 他にも宇都宮焼きそばやラーメンと、グルメツアーもできそうなほどです! これは勉強不足でした・・・プレミアムシート・・・お弁当付きだったんです。。。 通路も比較的広いかなという印象でしたが、やはり売店のある前は、並ぶスペースがあるのでやはりそこでつまってしまいます。 そしていよいよグラウンド拝見! 以前の国立競技場と比べると、言われている通り大変大きく見えました。 高さもありますし、各層がせり立っているので、フィールドとの距離感もそこまで遠さを感じませんでした。 ただ、そのせいなのか、実際に一万人収容人数が少ないためか、横浜競技場と比較してしまうと、ちょっとコンパクトかなと。 もしラグビーW杯開催時に間に合っていたとしても・・・決勝は横浜に変わりなかったかもしれませんね。 そして、いざ!プレミアムラウンジへ。 係の人によってチケットの確認をされる扉の向こうへ。 いかんせん初めてのこと。 書いてあるとは言え、「非常口」マークの向こう側という私の固定概念。 「入っていいの??」という田舎者ぶりを発揮。 そこからは絨毯が敷かれ、暖房の効いた暖かい空間がありました。 ラウンジにももちろん木が多く使われていて、日本っぽさをとても感じることができました。 障子をイメージした壁も素敵です。 階としては2階になるので、景色はというと目の前の建物を見つめることになるので、決していいとは言えませんでしたが、広い窓が採用されていて閉鎖感はまったくありません。 そして内部もたくさんの木材が。 選手たちが控えるベンチも木造。 やはり「完璧」に完成しているわけではないという部分も何箇所かありましたが、世界に誇れる競技場になったのではないでしょうか。 肝心な決勝戦ですが、テレビでもやっています通り、明治を破って早稲田が優勝! 会場内はどことなく明治側が多いかなと思いましたが、それを跳ね除け前半から攻めた早稲田が粘り勝ち。 表彰式も堪能して、後にしました。
>> 続きを読む