観魅処投稿記事

かんみどころ~観魅処~観光の魅力発見・観光コンサルタントの魅力満喫~観光ガイド

散策が楽しい江戸時代の面影を残す岩瀬
全国スポーツ推進委員研究協議会がありまして、「これから富山です」から急に九州に飛んでしまいました。 少々時間のギャップが出来てしまいましたが、富山に戻ります。 金沢から富山は、地方鉄道を使うと一時間ほどかかりますが、北陸新幹線を使ってしまうと20分程度。 自由席ならそんなに高いものではありませんし、時間も限られていましたので、一気に新幹線で富山へ!! 早速の一食目は白エビ天そば。 富山は食の宝庫で知られていますが、全国的に出回っているものは限られています。 その最たるものが白エビではないでしょうか? 量が取れない、何よりも今の技術でも美味しいままを郵送する難しさ。 それはまさしく「富山湾の宝石」。 富山に行かないと美味しくいただくことができないと言っても過言ではないはずです。 小さいエビの様ですが、意外と大きく、食べ応えもあります。 天ぷらでもエビの身がしっかりしていて、カラはパリパリ、甘みもバッチリ。 シーズンに行くと、非常においしい白エビがいただけるんでしょうね~~ 富山駅からすぐの富山ライトレール富山駅北から、ライトレール、いわゆる路面電車一部専用線路走行に乗って、岩瀬駅まで約20分。 富山駅から出ているレトロ電車とは違うので、間違えないように注意が必要です。 いかんせん私も、迷いましたから。 富山駅の逆の出口に別の電車が走っているなんて、思いもしませんでしたので。 しばらく路面電車の様に、道路を走り街並みを眺める事もできます。 その途中から、フェンスで線路が区切られた区間へと入り、路面電車とは思えない速度へと豹変。 結構スピードが出るんですよ、これが。 20分の旅行で、町の雰囲気はずいぶんと変わります。 富山湾に近づいてきて、海の香りがしてきました。 江戸時代に北前船の交易地と栄えたこの岩瀬。 伝統的な建物を活かしたお店や、景観を守り、レトロな街並みを散策できるエリアとして、ジワジワと盛り上がりを見せているそうです。 富山湾と一望できる展望台からは、富山湾と立山連峰を望む事もできます。 そして国指定の重要文化財「北前船廻船問屋 森家」。 莫大な富を得た豪商の家屋ですが、実は東本願寺を作った棟梁が手がけたとされ、建築物として非常に面白いものがあります。 もう一つの見所は、お酒。 私はお酒を飲まないので、興味を惹かれる事は・・・なかったのですが、全国にその名をとどろかせ、多くのファンがいる銘酒「満寿泉」の酒蔵があるのがこの岩瀬なんです。 私が訪れた際も、お酒を試飲している外国人の方がいらっしゃいました。 こんな所にも、外国人が来てるんですね。 日本酒おそるべし・・・ 徐々に風が強くなってきたこともあり、数少ない電車の時間に合わせて富山に戻る事としました。
>> 続きを読む

今回は大作!AirNZ機内安全ビデオのIt`s Kiwi
何かと新作が出ると話題のニュージーランド航空の、機内安全ビデオ。 夏の海やシーフードを題材にしたノースランドを満喫編や、メンインブラックを題材にしたオールブラックスとのコラボ編。 映画のホビットを題材にしたものもありました。 そして、今回はラップ。 「It`s Kiwi Safety ラップとダンスで安全説明」編です。 It's Kiwi Safety #AirNZSafetyVideo ニュージーランドでラップ?と思われるかもしれませんが、いるんですよ。 世界的に有名なヒップホップグループRUN-DMCの曲「イッツ・トリッキー(It’s Tricky)」と、ニュージーランドのヒップホップ・デュオSisters Undergroundの「イン・ザ・ネイバーフッド(In the Neighbourhood)」をリメイクしたもの。 これまでに作成されてきたビデオと比べると、最大のスケールになっていて、出演したキャストは600人以上だそうです。 また、ニュージーランド出身の俳優さんやミュージシャン。 国内の30のコミュニティグループより様々なタレントが集結しています。 撮影場所は、オークランド、ウエリントン、バルクルーサ、ホキティカ、セントラル・オタゴのネイズビー、そして私が過ごしたダニーデンと、ニュージーランド各地に渡ります。 そして今回出演しているAirNZのスタッフはダニーデン空港のスタッフなど、ちょっと個人的にも思い入れが出来てしまいました。 いや、ホント、これなら見てしまいます。
>> 続きを読む

金沢に残る風情ある茶屋街を巡り、豚バラを堪能
普段の生活ではお目にかかる事の出来ない風情を楽しむのが旅行の醍醐味。 金沢に残る、江戸時代に形成された茶屋街は、一見の価値あり! また世界シェアNO.1のガイドブックlonely planetにも掲載があるとなれば、見ておかないわけにはいきません。 今回は、金沢のひがし茶屋街と、主計町茶屋街、そして金沢の台所にお邪魔して、ソウルフードと、盛りだくさんです! 石畳の通りに並ぶ格子戸の家並みが美しいとして、多くの観光客が訪れています。 レンタル着物もやっているのですが、日本人の方も着物を着て、芸妓さん気分を味わっていました。 オシャレとは程遠い、機動力重視の恰好をしている私は、若干浮いてしまっていました。。。 夕立があったとは思えないほど、強い日差しが眩しい!! 茶屋街成立当時の建物が残っているとなれば、やはり外国人観光客の皆さんもたくさんいらっしゃっていました。 兼六園と同じく、ワールドワイド!! 現在も約50名の芸妓さんが在籍していて、やはりお茶屋街の鉄則「一見さんお断り」があります。 残念ながら、紹介者がいないと実体験するのは難しいものです。 そんな中で、「一見さんお断りしません」というのが、国指定重要文化財の建物にもなっている「志摩」。 文政3年に建てられたままを公開している貴重な建物です。 そして圧倒的に外国人の方が多い! この「志摩」は、lonely planetに掲載されているのです。 雨上がりでちょうど人が出始めたところなのか、残念ながら待ち時間が発生。 ものすごく後ろ髪を引かれながら、今回のところは中に入る事せずに、後にするのでした。 と、言うのも、茶屋街はここだけではありません。 橋を渡った「主計町茶屋街(かずえまちちゃやがい)」にも、訪れたかったのです。 ひがし茶屋街から川を渡ってすぐなのですが、打って変わって人通りがほぼありません。 裏手の路地は、人ひとりがやっと通れるくらい。 成立したのは明治の始めと、ひがし茶屋街よりは歴史が浅いのですが、静かな狭い路地にある茶屋街というのもノスタルジックでいいものです。 国の重要伝統的建物群保存地区に指定されています。 少し距離はありますが、ここから拠点としている香林坊へ歩いて帰る事に。 その途中に、金沢の台所、近江町市場があります。 市場なので、時間があえば海鮮丼でもと思ったのですが、もう夕方も夕方。 シャッターの降りているお店もあり、空いている数少ないお店を見学するのみとなってしまいました。 夕食は地元っ子に人気で、香林坊のローカルフードと紹介されていた豚バラ定食を求めて「宇宙軒食堂」へ。 これは美味い!! 鉄板で焼かれた豚バラと、甘辛のタレがなんとも美味しかったです。 なかなかこのような定食屋さんは私の地元にはないものですから、必ずしも名物ではなくても、美味しい体験ができるものです。 そして足は、次の拠点、富山へ!!
>> 続きを読む